メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

大谷翔平 メジャー元年(その2止) 進化続ける「二刀流」

8月27日ロッキーズ戦、3ランを放ちトラウトに迎えられて笑顔の大谷。本拠地・エンゼルスタジアムの名物「岩」が火を噴く=スポーツニッポン新聞社提供

 

 ◆エンゼルス・大谷翔平の挑戦

好奇心と決断力で

 8月。雲一つない青空が広がるアナハイムの町は、今季から米大リーグ・エンゼルスに加わった大谷翔平投手(24)の色に染まっていた。

 本拠地・エンゼルスタジアムに続く道路には各選手のポスターが掲げられているが、大谷のところで足を止め記念撮影するファンの姿も。球場のオフィシャルグッズショップにはユニホーム、Tシャツ、帽子、ストラップなど、あらゆる大谷グッズが並び、売り上げは常に上位を維持する。「野球の神様」と呼ばれた伝説の名選手、ベーブ・ルース以来、約1世紀ぶりとなる本格的な「二刀流」を武器とする青年は、異国の地でも瞬く間に確固たる地位を築いた。

 「ショーヘイほど、たくさんの可能性を持つ選手を見たことがないよ。打者でも、投手でも、グラウンドに立…

この記事は有料記事です。

残り4397文字(全文4745文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです