メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 武井初段「読みの力、付ける」 本因坊戦予選でデビュー

武井太心初段

 <第75期本因坊戦予選より>

 本因坊文裕(29)=井山裕太九段=への挑戦をかけ、熱戦が続く第74期本因坊戦リーグ(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催)と並行し、既に第75期のリーグ入りを目指す予選が始まっている。その予選で10月に公式戦デビューを果たした武井太心初段(17)を紹介する。

 武井初段は今年4~6月、日本棋院東京本院の院生研修で1位となり、夏季採用となった。17歳の年齢制限も迫り、「冬は強豪も参加するので厳しくなる。ここで決めなければ」と、覚悟を持って臨んだという。正式なプロ入りは他の採用者と同じく来年度からだが、夏季採用棋士は一足先に棋戦に参加できる。日本棋院は今年度、囲碁普及と女流棋界の拡充のため、新たに女流特別採用推薦棋士という制度を設けた。そのため、日本棋院は来年度、一気に10人超の棋士が誕生する見通しだが、その“トップバッター”である。

 東京都多摩市在住。囲碁との出合いの前に、オセロにはまっていた。幼稚園のときに、オセロの全国大会に出…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1406文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです