特集

第80期名人戦

第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-糸谷哲郎八段 第21局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

と金とと金

 糸谷が気にしていたのは、図で[後]6四銀と[後]7五歩を指す順番。先に[後]7五歩を突きたかったが、[先]同歩[後]6四銀[先]7四歩[後]7二飛[先]4五歩[後]同歩[先]同銀[後]4二飛[先]4四歩[後]同金[先]同銀[後]同角[先]4五金[後]2二角[先]4四歩(参考図)で先手に押さえ込まれる。[後]7五歩[先]同歩で1歩渡しているため、参考図の[先]4四歩が痛い。この変化を嫌い[後]6四銀を選んだ。

 しかし銀を上がった時点で覚悟していた激しい展開に進むことになる。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文631文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集