メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『つたえるエッセイ 心にとどく文章の書き方』=重里徹也、助川幸逸郎・著

 (新泉社・1728円)

 大学生だった30年前、「マスコミ就職セミナー」なる勉強会に出たが、一向に作文の成績は上がらない。祈るような気持ちで書店へ駆け込んだ。書棚に並ぶ谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、丸谷才一、井上ひさし--。「文豪」「大家」「重鎮」の『文章読本』を読めば、何とかなるはず、と考えたのが甘かった。なかなか頭に入らずに苦悶(くもん)した。

 翻って本書は<頭の良さなんて、文章を書くという場所では、全然、たいしたことではありません>と冒頭に…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです