メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『草薙の剣』=橋本治・著

 (新潮社・1836円)

寒々しい現在が浮き彫りに

 橋本治の小説『草薙(くさなぎ)の剣』は本年の3月下旬に刊行されたが、手にするのが遅れ、半年以上の間を置いた書評になってしまった。それでもなお取り上げるのは、多くの人に読んでもらいたいからである。傑出した作品である。

 冒頭は不気味な夢の記述。その同じ夢を6人の男が見ているという設定だ。62歳の昭生(あきお)を筆頭に、豊生(とよお)、常生(つねお)、夢生(ゆめお)、凪生(なぎお)と10歳ずつ若くなって12歳の凡生(なみお)にいたる。いわば6人の主人公。非現実的な設定だが、直後に昭生の生年が昭和28年、1953年と明記され、夢を見ているこの段階が2015年であることが分かる。名前は記号的だが、歴史的事実からは逸脱しないという方針なのだ。いや、10歳間隔でほとんど座標のように配置されたこの6人の眼あるいは生活から、日本の戦後史を描き切ろうとする設定であることが分かる。

 この試みは見事に成功している。6人の生活というより、その父母、祖父母に遡(さかのぼ)って体験が語られるのは、人生とはなかば境遇によって決められるからである。第一章「息子達」では、昭生の父母、兄が語られ、昭生とほぼ同世代の常生の父母が語られるが、戦中から戦後へ、朝鮮戦争、テレビ本放送、東京オリンピック、学生運動、オイルショックといった1950年代、60年代、70年代のあらましが遠景として粗描される…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです