メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『草薙の剣』=橋本治・著

 (新潮社・1836円)

寒々しい現在が浮き彫りに

 橋本治の小説『草薙(くさなぎ)の剣』は本年の3月下旬に刊行されたが、手にするのが遅れ、半年以上の間を置いた書評になってしまった。それでもなお取り上げるのは、多くの人に読んでもらいたいからである。傑出した作品である。

 冒頭は不気味な夢の記述。その同じ夢を6人の男が見ているという設定だ。62歳の昭生(あきお)を筆頭に、豊生(とよお)、常生(つねお)、夢生(ゆめお)、凪生(なぎお)と10歳ずつ若くなって12歳の凡生(なみお)にいたる。いわば6人の主人公。非現実的な設定だが、直後に昭生の生年が昭和28年、1953年と明記され、夢を見ているこの段階が2015年であることが分かる。名前は記号的だが、歴史的事実からは逸脱しないという方針なのだ。いや、10歳間隔でほとんど座標のように配置されたこの6人の眼あるいは生活から、日本の戦後史を描き切ろうとする設定であることが分かる。

 この試みは見事に成功している。6人の生活というより、その父母、祖父母に遡(さかのぼ)って体験が語ら…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです