メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ロシア杯 不屈の羽生、GP連勝

男子で3位に入った友野=AP

 【モスクワ共同】最終日は17日、モスクワで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の167・89点をマークし、合計278・42点でGP2連勝を果たし、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。SP4位の友野一希(同大)がフリー3位の156・47点を出し、合計238・73点で3位に入り、GP初の表彰台。

 羽生は17日朝の練習で転倒して右足首を痛めたが、フリーでは2種類の4回転ジャンプを決めて踏ん張り、…

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文2028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです