メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 高木美、悔しい2位 男子500、羽賀2位

スピードスケート女子1500メートルで滑走する高木美帆=明治北海道十勝オーバルで2018年11月17日、貝塚太一撮影

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦第2日は17日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒29で優勝した。2季前からこの種目で31レース負けなしとなり、1000メートルと合わせてW杯通算21勝目。女子マススタートは高木菜那(日本電産サンキョー)がW杯の個人種目で初優勝を飾り、同1500メートルでは高木美帆(日体大助手)が1分55秒12で2位だった。

 男子500メートルは羽賀亮平(日本電産サンキョー)が34秒71の好記録で2位。世界記録保持者のパベ…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです