メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 高木美、1500の連勝止まる マススタート、高木菜V

女子マススタートで優勝し両手を突き上げる高木菜那=明治北海道十勝オーバルで2018年11月17日、貝塚太一撮影

 得意種目だからこそ、敗因の分析は難しい。平昌五輪で銀メダルを獲得した1500メートルで2位だった高木美帆は出身地の北海道で頂点を逃した。「地元(帯広市)で取れなかったのは悔しいけど、まあまあ。それがレースですね」。ため息交じりに振り返った。

 直線で本来の伸びを欠いた。「次の足が出るのが早い」と氷を捉えきれなかった。直前の男子のレース結果からリンクの状態を考慮し、1分54秒台は出したいと考えていた。結果は優勝したブリタニー・ボウ(米国)と0秒09差の1分55秒12。「2位よりも、タイムと中身が悔しい」

 直線で伸びなかった要因について、「道具なのか、メンタルなのか分からない。思うようにいかない」と、も…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1231文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです