メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

首相「移民」なぜ否定 自民支持層「定住」に難色? 労働、即戦力には期待

 <access>

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案の国会審議で、安倍晋三首相は「移民政策を取る考えはない」と強調している。人口減少に直面して「即戦力」の外国人労働者を求める一方、地域や社会の一員として受け入れる「移民」を強く否定することの意味を考えた。【佐藤丈一】

 「一定規模の外国人及びその家族を、期限を設けることなく受け入れる政策を取ることは考えていない」。13日の衆院本会議。首相は外国人の受け入れ拡大が移民につながることを否定した。改正案は在留資格「特定技能1号」(通算5年まで)と「2号」(在留期間更新可)を創設し、「一定の専門性・技能」を持つ外国人を受け入れるもの。介護など14業種で2019年度に最大4万7550人を受け入れる見通しだ。一部には家族帯同や長期在留を認めるなど従来の技能実習制度とは違うため、専門家から「移民政策に近づいた」との指摘も出ている。

 政府は移民の定義を「明確にできない」としているが、明治以降、多くの日本人が海を渡った。国は1896…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1567文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです