メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

首相「移民」なぜ否定 自民支持層「定住」に難色? 労働、即戦力には期待

 <access>

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案の国会審議で、安倍晋三首相は「移民政策を取る考えはない」と強調している。人口減少に直面して「即戦力」の外国人労働者を求める一方、地域や社会の一員として受け入れる「移民」を強く否定することの意味を考えた。【佐藤丈一】

 「一定規模の外国人及びその家族を、期限を設けることなく受け入れる政策を取ることは考えていない」。13日の衆院本会議。首相は外国人の受け入れ拡大が移民につながることを否定した。改正案は在留資格「特定技能1号」(通算5年まで)と「2号」(在留期間更新可)を創設し、「一定の専門性・技能」を持つ外国人を受け入れるもの。介護など14業種で2019年度に最大4万7550人を受け入れる見通しだ。一部には家族帯同や長期在留を認めるなど従来の技能実習制度とは違うため、専門家から「移民政策に近づいた」との指摘も出ている。

 政府は移民の定義を「明確にできない」としているが、明治以降、多くの日本人が海を渡った。国は1896…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1567文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです