滋賀・高島の陸自砲弾国道着弾

住民に陸自謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場から発射された迫撃砲弾の落下事故を受け、陸自と市は17日、演習場周辺の自治会代表者らに対する説明会を市内3会場で開いた。陸自は「不安を与えて申し訳ない」と謝罪したが、2015年にも類似の事故があったことから、住民からは陸自の責任を問う声が上がった。

 説明会では、約40人態勢の事故調査委員…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文293文字)

あわせて読みたい

注目の特集