メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・高島の陸自砲弾国道着弾

住民に陸自謝罪

 滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場から発射された迫撃砲弾の落下事故を受け、陸自と市は17日、演習場周辺の自治会代表者らに対する説明会を市内3会場で開いた。陸自は「不安を与えて申し訳ない」と謝罪したが、2015年にも類似の事故があったことから、住民からは陸自の責任を問う声が上がった。

 説明会では、約40人態勢の事故調査委員…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです