雑記帳

車体に新素材の合成樹脂を使い…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道大のキャンパス内を走行する新素材を使った電気自動車「ItoP」=札幌市北区の北海道大で2018年11月17日、坂本智尚撮影
北海道大のキャンパス内を走行する新素材を使った電気自動車「ItoP」=札幌市北区の北海道大で2018年11月17日、坂本智尚撮影

 車体に新素材の合成樹脂を使い軽量化を図った3人乗り電気自動車コンセプトカー「ItoP(アイトップ)」が17日、札幌市北区の北海道大で報道陣に公開され、走行する姿を初披露した。

 東京大大学院の伊藤耕三教授を中心に11社と北大など22の大学研究室が協同で開発。フレームや窓など主な構造部材の47%に薄さ…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

あわせて読みたい

注目の特集