メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「労働力」ウエルカム 「隣人」ノーサンキュー 移民、なぜ否定?

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案の国会審議で、安倍晋三首相は「移民政策を取る考えはない」と強調している。人口減少に直面して「即戦力」の外国人労働者を求める一方、地域や社会の一員として受け入れる「移民」を強く否定することの意味を考えた。

 「一定規模の外国人及びその家族を、期限を設けることなく受け入れる政策を取ることは考えていない」。13日の衆院本会議。首相は外国人の受け入れ拡大が移民につながることを否定した。

 改正案は在留資格「特定技能1号」(通算5年まで)と「2号」(在留期間更新可)を創設し、「一定の専門性・技能」を持つ外国人を受け入れるもの。介護など14業種で2019年度に最大4万7550人を受け入れる見通しだ。一部には家族帯同や長期在留を認めるなど従来の技能実習制度とは違うため、専門家から「移民政策に近づいた」との指摘も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 全国で新たに1356人感染 1日1000人超は2日連続 計4万3465人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです