メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ロシア杯 痛みこらえ羽生連勝 練習中、右足首負傷

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は17日、モスクワで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の167・89点をマークし、合計278・42点でGP2連勝を果たした。宇野昌磨(トヨタ自動車)らに続き、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。SP4位の友野一希(同大)がフリー3位の156・47点を出し、合計238・73点で3位に入り、GP初の表彰台。

 羽生は17日朝の練習で4回転ループに挑んで転倒して右足首を痛めたが、フリーでは2種類の4回転ジャン…

この記事は有料記事です。

残り1814文字(全文2108文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです