メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

バルバラ セーヌの黒いバラ 姿と声が本人と重なり、聴く人に歌の力伝える

 フランスの有名なシャンソン歌手、バルバラの映画。といっても伝記映画ではありません。バルバラに取り憑(つ)かれた監督がバルバラの映画をつくるという、ちょっと一筋縄ではいかない作品です。

 それにはまず、バルバラの魅力を申し上げなければいけません。街中で流れる音楽を耳にし、それがまだ聞いたことのない曲だとしても、あ、バルバラだとすぐにわかる。わかるだけでなく、歌っている姿、服、身のこなしまで目に浮かんでしまう。バルバラはそれほど印象の強い歌手でした。

 最初に聴いたのは、バルバラ本人の声ではなく、ポール・モーリアのアレンジした「黒いワシ」でした。その…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです