メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

バルバラ セーヌの黒いバラ 姿と声が本人と重なり、聴く人に歌の力伝える

 フランスの有名なシャンソン歌手、バルバラの映画。といっても伝記映画ではありません。バルバラに取り憑(つ)かれた監督がバルバラの映画をつくるという、ちょっと一筋縄ではいかない作品です。

 それにはまず、バルバラの魅力を申し上げなければいけません。街中で流れる音楽を耳にし、それがまだ聞いたことのない曲だとしても、あ、バルバラだとすぐにわかる。わかるだけでなく、歌っている姿、服、身のこなしまで目に浮かんでしまう。バルバラはそれほど印象の強い歌手でした。

 最初に聴いたのは、バルバラ本人の声ではなく、ポール・モーリアのアレンジした「黒いワシ」でした。その…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1642文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです