メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

水道民営化の動き 外資に牛耳られる不安はないのか

松尾貴史さん作

 昔は、水道水をコップに注ぐと、少し白濁したような感じになって、しばらく置くと奇麗な透明の水になっていくのを観察したものだった。その頃の水道水は、ドラム缶いっぱいの量で数十円という感じだと大人から教えられたが、今はどうなのだろう。

 最近の私は、ミネラルウオーターよりも水道水を飲むことが多い。水道が、以前に経験したような「カルキ臭」がなくなった(と感じている)からで、トリハロメタンとやらが含まれているという話も聞くが、気にするほどの濃度なのだろうか。そもそも、コストパフォーマンスとしてどうなのだろうとも思う。ガソリンの値段があれこれ言われているが、今は1リットル150円前後だろう。ミネラルウオーターはその半分の量で100円を超えることがほとんどだ。比べる意味はないが、命に直接つながる水道水を大切にしていきたいとは常々感じている。

 水道は、一般に食品扱いで売られているミネラルウオーターよりも、桁違いに基準が厳しい。「蛇口から直接…

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです