メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
宮城

ワタリガニ、震災契機に漁獲激増 新たな名物に

ワタリガニのパスタを手にする久保田靖朗代表(左)と加藤真子マネジャー=宮城県七ケ浜町で、本橋敦子撮影

 菱形のオリーブ色の甲羅に、大きなはさみ。素早く泳げるオールのような後ろ脚--。東日本大震災後、宮城県内で水揚げされるワタリガニ(ガザミ)が爆発的に増加している。宮城の新たな名物になりつつあるワタリガニの謎と魅力に迫った。【本橋敦子】

 ワタリガニは体長約15センチで、温かい水温を好む。海岸から約30メートルほどの浅場で生活し、冬は海底の砂泥に潜り冬眠する。その名にふさわしく、へらに似た脚を巧みに使って泳ぐ姿がかわいらしい。愛知県や福岡県など関東以南で多く収穫され、甘みのある身や濃厚なミソが人気で、みそ汁や鍋の具として親しまれている。

 宮城県水産技術総合センターによると、同県内のワタリガニの収穫量は2010年まで4トン以下だった。だ…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1124文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  3. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです