鳥取

弥生時代の人骨“渡来系”か 青谷上寺地遺跡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
実際にDNA分析をされた青谷上寺地遺跡出土の人骨=鳥取市で2018年11月17日午後0時55分、園部仁史撮影
実際にDNA分析をされた青谷上寺地遺跡出土の人骨=鳥取市で2018年11月17日午後0時55分、園部仁史撮影

 国史跡・青谷上寺地(かみじち)遺跡(鳥取市)で出土した弥生時代の大量の人骨=2世紀ごろ=のDNA分析の中間報告で、人骨の大半は朝鮮半島や中国大陸などからの“渡来系”である可能性が高いことが分かった。分析が進み、日本人の成り立ちの解明につながる成果が期待される。弥生時代の人骨の本格的なDNA分析は全国で初めて。【園部仁史】

 遺跡は弥生時代前期~古墳時代前期に存在した。保存状態の良い、多種多様な出土品や老若男女の人骨が100体以上見つかるなど「地下の弥生博物館」と呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文809文字)

あわせて読みたい

ニュース特集