メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

茗渓学園が7大会連続の花園切符

【茗渓学園62-0つくば秀英】後半8分、茗渓学園のSO黒川心平選手が中央にトライを決める=ケーズデンキスタジアム水戸で2018年11月18日、川崎健撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会茨城県予選(県高体連など主催、毎日新聞社後援)は18日、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸で決勝が行われ、茗渓学園がつくば秀英に62-0で零封勝ちし、7大会連続24回目の優勝を決めた。茗渓学園は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【川崎健】

 茗渓学園は前半3分、CTB大森広太郎選手(3年)が中央にトライを決めて幸先良く先制。その後も大森選…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文567文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです