サウジ記者殺害

CIA「皇太子指示」米政権採用は不透明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏殺害事件について、米中央情報局(CIA)はサウジ政府の実質的な最高権力者、ムハンマド皇太子が殺害を指示したと結論づけた。ワシントン・ポスト紙(電子版)など複数の米メディアが16日、報じた。ムハンマド氏率いるサウジとの関係維持を重視するトランプ米政権にとっては打撃となる内容で、CIAの結論が採用されるかは不透明だ。

 ポスト紙によると、複数の情報筋の話では、ムハンマド氏の弟で駐米大使のハリド王子が事件前、ムハンマド氏の指示でカショギ氏に電話し、米情報当局はその内容を傍受していた。ハリド氏は、トルコ人女性との結婚を予定していたカショギ氏に、婚姻手続きに必要な書類を受け取るためイスタンブールのサウジ総領事館に出向くよう勧め「身の安全」を保証したという。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文889文字)

あわせて読みたい

注目の特集