重力波望遠鏡

「かぐら」本格観測開始前、最後の見学会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一般公開で重力波望遠鏡「かぐら」の一部を見学する参加者ら=岐阜県飛騨市神岡町で2018年11月17日午前8時58分、大竹禎之撮影
一般公開で重力波望遠鏡「かぐら」の一部を見学する参加者ら=岐阜県飛騨市神岡町で2018年11月17日午前8時58分、大竹禎之撮影

 東京大宇宙線研究所などは17日、ブラックホールの合体などで放出される「重力波」を観測するために、岐阜県飛騨市神岡町の地下に建設された重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」の見学会を開いた。2019年秋に予定される本格的な観測開始前の最後の見学会となり、抽選で選ばれた約150人が参加した。

 重力波は米国の重力波望遠鏡「LIGO(…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文402文字)

あわせて読みたい

ニュース特集