JR西社長

脱線事故車両、社員教育活用へ 全7両保存し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2005年に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故の車両について、JR西日本の来島達夫社長は17日、7両全てを保存し、来年度以降の社員教育に活用する意向を明らかにした。また、来年4月の追悼慰霊式を、今年9月に完成した現場の慰霊施設「祈りの杜(もり) 福知山線列車事故現場」で初めて営むことも明言した。

 同県伊丹市のホテルで160人が出席した非公開の被害者説明会があった。終了後に来島社長が記者会見し、「事故車両は安全を守るための大事な物。どこに保管するかも含めて方向付けし、社員への安全教育も進めたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文528文字)

あわせて読みたい

注目の特集