メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西社長

脱線事故車両、社員教育活用へ 全7両保存し

 2005年に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故の車両について、JR西日本の来島達夫社長は17日、7両全てを保存し、来年度以降の社員教育に活用する意向を明らかにした。また、来年4月の追悼慰霊式を、今年9月に完成した現場の慰霊施設「祈りの杜(もり) 福知山線列車事故現場」で初めて営むことも明言した。

 同県伊丹市のホテルで160人が出席した非公開の被害者説明会があった。終了後に来島社長が記者会見し、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです