メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西社長

脱線事故車両、社員教育活用へ 全7両保存し

 2005年に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故の車両について、JR西日本の来島達夫社長は17日、7両全てを保存し、来年度以降の社員教育に活用する意向を明らかにした。また、来年4月の追悼慰霊式を、今年9月に完成した現場の慰霊施設「祈りの杜(もり) 福知山線列車事故現場」で初めて営むことも明言した。

 同県伊丹市のホテルで160人が出席した非公開の被害者説明会があった。終了後に来島社長が記者会見し、…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです