メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城・南三陸

地元ワカメで羊飼育 くせ少なく美味

「被災地を羊で元気にしたい」と夢を語る金藤克也さん(右)=宮城県南三陸町で、町野幸撮影

 ミネラルを含んだ地元特産のワカメの茎を餌にする牧羊飼育プロジェクトが宮城県南三陸町で始まった。「南三陸わかめ羊」と命名された羊の肉はくせが少なく、おいしいと評判だ。仕掛け人は、東日本大震災の復興支援をきっかけに川崎市から移住した金藤(かねとう)克也さん(53)。「羊で地域おこしをする人たちの情報交換や交流の場も作りたい」と夢を膨らませる。【町野幸】

 震災の津波で大きな被害を受けた南三陸町歌津地区。金藤さんが営む観光牧場「さとうみファーム」は海岸か…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです