メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

中部大春日丘が6大会連続の花園 愛知

【中部大春日丘-名古屋】後半、トライを決める中部大春日丘のWTB冨永=名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂ラグビー場で2018年11月17日、大西岳彦撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会愛知県大会(毎日新聞社など主催)は17日、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂ラグビー場で決勝があり、中部大春日丘が名古屋を40-10で降し、6大会連続8回目の優勝を果たした。

 中部大春日丘は前半に4トライを奪って流れをつかむと、後半も2トライを決めて突き放した。名古屋はキックを使った攻撃で好機を作るも、要所で相手の堅い守りに阻まれ、初優勝には届かなかった。【高井瞳】

 名古屋にペナルティーゴールで先制を許した中部大春日丘は前半13分、モールからフォワードの田中が飛び出し、右中間にトライ。その後もバックスの堀が右隅にトライを決めて前半4トライを奪った。後半もバックスの冨永がサインプレーで右中間にトライして突き放した。キッカーの堀は6回のゴールのうち5回成功させた。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「やめられなかった」勤務時間中に喫煙3400回 学校抜け出し食事も 大阪府立高教諭処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです