メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高校ラグビー

和歌山工、4大会連続24回目の花園

優勝を決め抱き合って喜ぶ和歌山工の選手たち=和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で2018年11月17日午後2時14分、砂押健太撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)の和歌山県大会決勝が17日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場であり、和歌山工が26-22で近大和歌山を降し、4大会連続24回目の全国大会出場を決めた。前半は攻守がめまぐるしく入れ替わり、近大和歌山が3点差をつけて折り返したが、和歌山工は後半、粘り強く攻め続け、逆転トライを奪って花園切符をつかんだ。全国大会は12月27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。【後藤奈緒】

 前半2分に和歌山工が中央へのトライで先制すると、直後に近大和歌山が攻め込んでトライを決め、交互に得…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1085文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 勝敗は細部にあり 好走塁光る仙台育英、6歩のリードに見る須江監督の教え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです