メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアGP

羽生、フリー1位で連勝 友野3位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は17日、モスクワで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の167.89点をマークし、合計278.42点でGP2連勝を果たした。宇野昌磨(トヨタ自動車)らに続き、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。SP4位の友野一希(同大)がフリー3位の156.47点を出し、合計238.3点で3位に入り、GP初の表彰台。

 羽生は17日朝の練習で4回転ループに挑んで転倒して右足首を痛めたが、フリーでは2種類の4回転ジャン…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです