メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアGP

羽生、右足首負傷も王者の意地

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は17日、モスクワで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の167.89点をマークし、合計278.42点でGP2連勝を果たした。

記者会見は松葉づえ姿で

 数々のけがを乗り越えた銀盤の王者の意地だった。羽生は朝の公式練習で4回転ループの着氷に失敗して転倒。昨年11月に痛めて長期離脱の原因となった右足首を再び負傷したが、手負いの状態で迎えたフリーで2種類3度の4回転ジャンプを着氷した。憧れのプルシェンコ氏(ロシア)の演目をアレンジした「Origin」を滑りき…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです