メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 沈黙の7年8カ月 3、4号機制御室を初公開

 東京電力福島第1原発事故の発生当時、最前線で対応に当たった3、4号機の中央制御室に今月中旬、共同通信の記者が報道機関として初めて入った。事故から7年8カ月が経過したが、室内はほぼ手付かずのままで、原子炉内の水位を測る計器の近くには手書きの数字が書き残されるなど、当時の生々しい様子が見られた。

 中央制御室は原子炉やタービンなどの運転をコントロールする部屋で3、4号機の原子炉建屋の間の建物内にあり、両号機を監視・制御していた。事故当時、10人程度いた当直が原子炉の緊急停止や炉内の水位を確認するなど対応に追われた。

 原子炉への注水など現在の管理は、別の場所にある免震重要棟で行い、制御室は使われていない。照明もわず…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文737文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです