メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若山牧水

恋の調べ 短歌オペラ、30日初演

宮崎県日向市で披露された短歌オペラ「海の声」より、牧水役の渡辺大さん(右)と小枝子役の川越塔子さん=2018年9月16日、勝野昭龍撮影

 「白鳥(しらとり)は哀(かな)しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」「幾山河(いくやまかは)越えさり行かば寂しさの終(は)てなむ国ぞ今日(けふ)も旅ゆく」などの名歌で知られる国民的歌人、若山牧水(1885~1928年)の没後90年にあたり、作品をもとに編まれた世界初の短歌オペラ「海の声」が30日、東京都荒川区の日暮里サニーホールで初演される。

 「海の声」は、宮崎県日向市の山あいで育ち、東京に学んだ牧水の第1歌集にちなむ。牧水研究の第一人者で…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文866文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです