メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

井之頭五郎、見習い食べ歩く スマホに頼らず舌と足で

ドラマ「孤独のグルメ」で井之頭五郎を演じる松重豊さん。放送後、登場した飲食店を訪れるファンも多い=テレビ東京提供

 飲食店情報がとりわけ気になる忘年会シーズンが近づいてきた。「外食は絶対失敗したくない」と、スマートフォンを操って店探しをするあなた。情報に振り回されない「五郎」という男のやり方を見直してはどうだろう。【鈴木梢】

 「食べることは生きている限り続くから、究極のテーマ。世の中には、外では立ち食いそばでいいと割り切っている人もいれば、それでは人生寂しいと思う人もいる。僕の場合、高級店でおいしいものを食べるのは当たり前すぎて面白くない。手ごろな値段でよくこの味が出せるなという店に出合うと感動を覚えます。それがドラマのみそで、井之頭五郎と大いに共感するところでもありますね」

 そう語るのは、ドラマシリーズ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)で主人公の井之頭五郎を演じる俳優、松重豊さん(55)。深夜ドラマとして人気が定着し、昨年に続き、大みそかの夜にスペシャル版が放送されることが決まった。内容は、サラリーマンが仕事で立ち寄った街でおなかをすかせ、自分の勘を頼りに店に入り、ひたすらごはんを食べ、一人語りする。

この記事は有料記事です。

残り2207文字(全文2658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです