メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

感謝の言葉の意味=永山悦子

 パーキンソン病の患者に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞が初めて移植された。そのとき開かれた記者会見で、責任者の高橋淳・京都大教授は「患者さんに感謝と敬意を表したい」と話したという。

 「難病患者にとっては待望の治療を受けられたはずなのに、なぜ患者が感謝されるの?」。そんな疑問がわくかもしれない。

 今回の移植は、パーキンソン病患者への最初の臨床試験(治験)だ。治験では最初に「効果」よりも「安全性」を確認する。今回も、まず脳の左側だけに移植された。人への初めての挑戦では、どんな副作用やトラブルが起きるか分からないからだ。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです