メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

奈良・興福寺が中金堂再建 偉大な広場の未来は

再建された興福寺中金堂=伊藤和史撮影

 少々つかみどころのない印象だった境内が、求心点をもつ充実した空間に変容していた。

 奈良・興福寺の中心建築、中金堂が300年ぶりに再建され、落慶法要もめでたく行われたのを機に参拝した。東西37メートル、南北23メートル、高さ21メートルの木造大建築。奈良時代の創建時(8世紀前半)そのままにつくられたという。天平の威容とはこうしたものかと思う。

 興福寺ほど焼亡と復興を繰り返した社寺も珍しい。中でも中金堂は兵火などで7度も焼失、その都度再建され…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです