メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

目撃者がつづる百舌鳥古墳群の転変 堺の男性が著作

歯科医の宮川さん=堺市堺区で2018年10月4日、花澤茂人撮影

 世界遺産登録を目指す百舌鳥(もず)古墳群(堺市)の周辺でかつて、開発のため多くの古墳が消滅したことや、住民らによる保存運動が起こったことを知る人は多くないだろう。そうした経緯を当事者の目線でつづった『よみがえる百舌鳥古墳群-失われた古墳群の実像に迫る-』(新泉社、2700円)が9月に出版された。

 著者は地元で生まれ育った歯科医の宮川〓(すすむ)さん(85)、堺市堺区。故・森浩一さん(同志社大名誉教授)ら戦後の考古学会をリードした研究者らと親しく交わり、消滅の危機にあった「いたすけ古墳」の保存運動(1955年)にも中心メンバーとして携わっ…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです