講習会

視覚障害者、サポートするには 盲導犬と交流、誘導技術学ぶ 石巻 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 目の不自由な人への接し方や声掛けの方法などを実技を通して学ぶ講習会が18日、石巻市の保健相談センターで開かれた。市民ら46人が、アイマスクを付けた状態での歩行や盲導犬とのふれ合いを体験し、視覚障害者をどうサポートするか考えた。

 市内在住の視覚障害者らでつくる市公益活動市民団体「一歩を楽しむ石巻」が主催し今年で2回目。参加者は順番にガイド役になり、アイマスクを付けた人が安心して歩行や階段の上り下りができる誘導技術を練習した。講師の認定NPO法人「ビートスイッチ」(仙台市宮城野区)の千…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

あわせて読みたい

注目の特集