メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東高校駅伝

女子・昌平快走、都大路へ 北関東トップ、2年連続2回目 /埼玉

 男子第71回、女子第27回関東高校駅伝競走大会(関東高体連など主催、毎日新聞社など後援)が18日、熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場を発着点とする周回コース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)で行われた。8都県の各予選で6位以内に入った男女計96チームが出場し、男子は2時間5分17秒で八千代松陰(千葉)が、女子は1時間9分36秒で山梨学院(山梨)がそれぞれ優勝した。今年は女子の全国大会が第30回記念大会にあたるため、都県予選の優勝チームを除いた地区大会のトップに京都での全国大会出場権が与えられる。レースの結果、北関東(茨城、栃木、群馬、埼玉)は昌平、南関東(千葉、東京、神奈川、山梨)は錦城学園(東京)が、それぞれ全国切符を獲得した。【畠山嵩、大平明日香】

 女子は、県予選で2位だった昌平が北関東のチームでトップとなる6位に入り、2年連続2回目の全国大会出場を決めた。

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです