メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

イタリアの栽培法導入目指すリンゴ農家 徳永虎千代さん(26)=長野市 /長野

若い発想で産地活性化

 リンゴ農家の高齢化が叫ばれている中、「リンゴ農家を若者の就職先として育て、産地を活性化につなげたい」と夢を語る。「フルプロ農園」を率いて、若い発想で新しい取り組みに挑戦している。

 農園のホームページにはシナノゴールドやふじなど数十種類の品種が用意されている。事務所の机には、全国からインターネットを通じて注文した購入者の伝票が並ぶ。「注文が多かったのは広告のおかげじゃないのか?」。従業員との間では議論が絶えず、売り方について考えを巡らせる。

 長野市赤沼で100年以上続くリンゴ農家の生まれ。しかし、幼い頃に両親が離婚し、母親の下で生活したた…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです