メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手裏輪

手裏剣×輪投げ 初の大会 三重大・忍者部ら33人参加 /三重

忍者衣装で手裏輪に挑戦する参加者=三重県伊賀市のゆめドームうえので、大西康裕撮影

 手裏剣打ちと輪投げを合わせた競技「手裏輪(しゅりりん)」の大会が18日、伊賀市ゆめが丘1の県立ゆめドームうえのであり、三重大学のサークル「忍者部」の2人を含め33人が参加した。

 手裏輪研究会事務局長の森下茂治さん(63)らが考案、2年間かけて改良を重ね、初の大会を迎えた。

 この日用いた輪は合成ゴム製で形状は大型手裏剣。中心に直径15センチの穴が開いている。3メートル先の的に長さ15センチ、直径3センチの5本の棒が取り付けられている。棒…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです