メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

雄松舘に2番の歌詞説明板 作詞の小口ら宿泊の地 大津 /滋賀

「雄松舘」の前に立てられた「琵琶湖周航の歌」2番の説明板と礒田潔さん、宏美さん夫妻(中央)、伊原セイチさん(右)ら=大津市南小松で、塚原和俊撮影

 「琵琶湖周航の歌」を作詞した小口太郎ら旧制第三高等学校(三高)のクルーが宿泊した旅館「雄松(おまつ)舘(かん)」(大津市南小松)の前に、2番の歌詞を解説する説明板が立てられた。「松は緑に砂白き 雄松が里の乙女子は…」と続く2番の歌碑はJR近江舞子駅近くの湖岸にあるが、雄松舘から約1キロ離れていることから新設された。

 説明板はニレの一枚板で幅約2メートル、高さ約70センチ。「琵琶湖周航の歌クルー宿泊地」と記され、2番の歌詞を紹介している。小口が2泊目の今津で出したはがきの、雄松のスケッチに添えた「…夜遅くまで砂浜にねころんで月をながめ 美人を天の一方に望んだ…」の一文も引用している。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです