メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

お酒の年間購入量 今夜はほろ酔い /奈良

春鹿酒蔵まつりで日本酒の飲み比べを楽しむ参加者たち。奈良市民には日本酒派が多いようです=奈良市福智院町の今西清兵衛商店で2018年9月、数野智史撮影

 かんがへて

 飲みはじめたる一合の

 二合の酒の夏のゆふぐれ

 酒仙の歌人といわれ、酒をテーマにした名歌を数多く残した若山牧水の歌です。「そこはかとない孤独を感じさせる」という評から「酒飲みの心情を明快に表している」という見方までさまざまです。

 ただ、これが「一本の二本のビール」や「一杯の二杯のワイン」では歌が台無しです。夏の縁側で日本酒を味わっているからこそ何かを感じさせてくれます。

 それでは、奈良市民が縁側で楽しんでいるのは日本酒?ビール?それともワイン?

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです