メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「ようやく供養できた」 倉敷・真備町地区で犠牲者追悼 /岡山

岡山県倉敷市真備町地区の供養祭で合掌する参列者たち=同町箭田で、益川量平撮影

 7月の西日本豪雨で多数の犠牲者が出た倉敷市真備町地区で18日、犠牲者の追悼と町の早期復興を祈願する供養祭が営まれた。訪れた住民らは「ようやく供養できた」とほっとした表情で話した。

 同市真備町箭田の葬祭場「エヴァホールまび」の特設テントが会場で、同ホールを運営する葬祭会社が主催し、伊東香織市長も出席した。

 全員で黙とう後、伊東市長が「皆様が一日も早く元の生活に少しでも近づけるよう努力していく」とあいさつ。続いて全員で合掌し、真備町仏教会の僧侶らが読経した。また、会場では豪雨の影響で自宅の仏壇がなくなった住民に簡易仏壇を無償提供した。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです