メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
APEC

首脳宣言断念 発足後初 米中対立溝深く

 【ポートモレスビー共同】パプアニューギニアで開かれた日米中など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が18日、閉幕した。会議では米中の首脳が通商政策を巡り批判合戦を繰り広げて意見の隔たりが埋まらず、首脳宣言の採択を断念した。採択断念は1993年のAPEC首脳会議の発足後、初めて。(3面にクローズアップ)

 APECは貿易や投資の自由化、経済協力を通じて参加国の経済発展を促す理念があるが、保護主義の動きに…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです