メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

APEC首脳宣言、採択断念 米中対立「休戦」遠く 首脳会談前、非難の応酬 経済に影、譲歩手探り

記念撮影に臨む(前列右から)ペンス米副大統領、安倍首相、パプアニューギニアのオニール首相、中国の習近平国家主席=パプアニューギニア・ポートモレスビーで2018年11月18日、AP

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は18日、通商問題などをめぐる米中の溝が埋まらず、首脳宣言の取りまとめを断念する異例の事態に発展した。米中は今月末にもアルゼンチンでトランプ大統領と習近平国家主席による首脳会談を開き、歩み寄りを探る方針だが、複雑に絡んだ糸を解きほぐすのは容易ではない。

 APEC関連会合が開かれたパプアニューギニアは、さながら米中の非難合戦の場と化した。

 「中国が不公平な貿易慣行を改めなければ、米国は制裁関税を強化し続ける」

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1332文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです