メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安息の地」へ

同時進行ルポ 17日・メヒカリ この場所で申請も

ウレアさん一家がたどった道

 治安悪化や貧困を逃れ、中米から米国を目指す移民集団「キャラバン」は、メキシコ北西部バハカリフォルニア州ティフアナを目指し集結を続ける。メキシコ市経由でティフアナを目指したはずのホンジュラス人、ホルヘ・ウレアさん一家は、約200キロ東に離れた同州メヒカリに滞在していた。前日「出発を止められている」と携帯電話で聞き、会いに訪れた。一家はバスでメヒカリに連れてこられたものの、ティフアナ行きのバスが用意されないのだ。

 ウレアさんの家族と会うのは、12日にハリスコ州サポパンで別れて以来だ。一家は13日朝から同州、シナロア州当局の用意したバスを複数乗り継ぎ、2000キロ以上離れたメヒカリへ15日夜に到着したのだという。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです