メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安息の地」へ

同時進行ルポ 17日・メヒカリ この場所で申請も

ウレアさん一家がたどった道

 治安悪化や貧困を逃れ、中米から米国を目指す移民集団「キャラバン」は、メキシコ北西部バハカリフォルニア州ティフアナを目指し集結を続ける。メキシコ市経由でティフアナを目指したはずのホンジュラス人、ホルヘ・ウレアさん一家は、約200キロ東に離れた同州メヒカリに滞在していた。前日「出発を止められている」と携帯電話で聞き、会いに訪れた。一家はバスでメヒカリに連れてこられたものの、ティフアナ行きのバスが用意されないのだ。

 ウレアさんの家族と会うのは、12日にハリスコ州サポパンで別れて以来だ。一家は13日朝から同州、シナロア州当局の用意したバスを複数乗り継ぎ、2000キロ以上離れたメヒカリへ15日夜に到着したのだという。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです