メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

バナナの「苦み」DVDに

「甘いバナナの苦い現実」の一場面。小型飛行機が農薬を空中散布している=アジア太平洋資料センター提供

 私たちが食べるバナナ。主な輸入先のフィリピンを舞台に生産の裏側を描いたDVD「甘いバナナの苦い現実」を、NPO法人「アジア太平洋資料センター」(PARC、東京都千代田区)が製作した。消費と生産の関係を考えさせる作品だ。

 バナナは日本国内で最も食べられている果物だ。総務省の家計調査によると、2人以上世帯の年間消費量は2004年以降、リンゴやミカンを抑えて1位になっている。果物の小売価格が上昇する中で、バナナだけは低価格を維持。健康ブームとも相まって人気が続いている。

 その「安い」バナナを支えてきたのが、1970年代から大量輸入されるようになったフィリピン産。国内の年間輸入量(約100万トン)の実に8割を占める。大半が南部・ミンダナオ島で栽培され、輸出向けのプランテーションが拡大を続けている。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです