メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

バナナの「苦み」DVDに

「甘いバナナの苦い現実」の一場面。小型飛行機が農薬を空中散布している=アジア太平洋資料センター提供

 私たちが食べるバナナ。主な輸入先のフィリピンを舞台に生産の裏側を描いたDVD「甘いバナナの苦い現実」を、NPO法人「アジア太平洋資料センター」(PARC、東京都千代田区)が製作した。消費と生産の関係を考えさせる作品だ。

 バナナは日本国内で最も食べられている果物だ。総務省の家計調査によると、2人以上世帯の年間消費量は2004年以降、リンゴやミカンを抑えて1位になっている。果物の小売価格が上昇する中で、バナナだけは低価格を維持。健康ブームとも相まって人気が続いている。

 その「安い」バナナを支えてきたのが、1970年代から大量輸入されるようになったフィリピン産。国内の年間輸入量(約100万トン)の実に8割を占める。大半が南部・ミンダナオ島で栽培され、輸出向けのプランテーションが拡大を続けている。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです