メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

大学にLGBT対応指針 学生生活の具体例明記

 <kyoiku no mado>

 LGBTなど性的少数者の学生の対応について、ガイドラインを策定する大学が増えている。学籍簿の名前の扱いやトイレの使用、就職支援など学生生活に関わる幅広い分野で具体的な対応策を示し、セクシュアリティー(性的指向など性のあり方全般)を理由とする差別や不利益をなくすのが狙い。留学生の増加など大学の国際化が進む中、LGBTをはじめ多様性の尊重はますます重要になりそうだ。【太田敦子】

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文1989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです