メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短歌月評

忘れられた時間=加藤英彦

 今年は日本歌人クラブ創立70周年記念の事業が各地で活発である。その中でも、先月東京で開催された三枝〓之と永田和宏による対談「前衛短歌が忘れたもの」は刺戟(しげき)的であった。

 戦後、第二芸術論や短歌否定論が吹き荒れる中でその風圧に耐え、短歌を“思想を盛る器”として再生した歌人たちがいた。塚本邦雄、岡井隆、寺山修司らを中心とするいわゆる前衛短歌運動である。近代的な写実主義や短歌の私性を否定し、暗喩や虚構の導入によって時代の危機と向きあおうとした。

 その影響を最も濃く受けた世代の旗手である三枝と永田が、前衛短歌の忘れものを語ろうというのだ。それは…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館 /群馬
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 東洋の魔女に「吉報」届かず 東京五輪・パラ チケット抽選結果発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです