メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短歌月評

忘れられた時間=加藤英彦

 今年は日本歌人クラブ創立70周年記念の事業が各地で活発である。その中でも、先月東京で開催された三枝〓之と永田和宏による対談「前衛短歌が忘れたもの」は刺戟(しげき)的であった。

 戦後、第二芸術論や短歌否定論が吹き荒れる中でその風圧に耐え、短歌を“思想を盛る器”として再生した歌人たちがいた。塚本邦雄、岡井隆、寺山修司らを中心とするいわゆる前衛短歌運動である。近代的な写実主義や短歌の私性を否定し、暗喩や虚構の導入によって時代の危機と向きあおうとした。

 その影響を最も濃く受けた世代の旗手である三枝と永田が、前衛短歌の忘れものを語ろうというのだ。それは…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです