メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

今年は特にウマいらしい…ボージョレ解禁!いま飲むべきはこの「名門ワイン」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ワイン好きをワクワクさせる、秋の一大イベントといえば? そう、ボージョレ・ヌーヴォ解禁です。今年は11月15日。一部では「歴史的な優良ヴィンテージ」ともいわれる今年の出来はどうなのでしょうか? 各社から様々なボージョレが発売されるなか、本稿では名門「アンリ・フェッシ」の発表会の様子をお伝えします!

そもそもボージョレ・ヌーヴォって何だっけ?

毎年テレビのニュースなどでも大々的に報じられているので、その名前を聞いたことがある方は多いでしょう。ボージョレ・ヌーヴォとは、フランスのボージョレ地区で、その年に収穫したブドウで醸造された赤ワインの新酒のこと。

↑今年は どんなおいしさに出合えるのでしょうか?

とれたてのガメイというブドウ品種でつくったワインはとてもフレッシュ。もともとは地元の人が飲むデイリーワインだったのですが、その年のブドウの出来を測る指標として、世界中で飲まれるようになりました。11月の第3木曜日が、その年の収穫分の解禁日になります。

ボージョレ屈指の名門「アンリ・フェッシ」

今回紹介する「アンリ・フェッシ」の創業は1888年。ブドウを産出するクリュ(区画)のなかでも最上位格付けである「クリュ・デュ・ボージョレ」のスペシャリストで、自社の畑の半分以上が、樹齢50年以上の古木なのだそう。手摘みによる収穫と伝統的な醸造法にこだわった高品質なワインは、世界の名だたるコンテストで金賞を獲得するなど、非常に高い評価を得ています。

 

そんな「アンリ・フェッシ」に、今年のブドウの出来はどう映ったのでしょうか? 醸造責任者のローラン・シュヴァリエさんは、こう語ります

↑「アンリ・フェッシ」醸造責任者のローラン・シュヴァリエさん

 

特に7~8月に雨が降らず、温度も高かったので、量的にたくさんとれました。しかも、品質も素晴らしい出来。量、質ともにバランスのいい年になりました。全体的に、味わいは柔らかさに富み、また、ベリー類のなかでもイチゴやフランボワーズといったフレッシュ系より、カシスやミュール(桑の実)、プルーンといった黒い果実のニュアンスが強いです」(シュヴァリエさん)

やはりウワサ通り、今年は当たり年ってことですね! 期待が高まります!

 

「アンリ・フェッシ」オススメのボージョレはこれだ!

ボージョレ地区にある「アンリ・フェッシ」の赤ワインの新酒は、すべてボージョレ・ヌーヴォ。なのですが、ひと口にボージョレといっても、同社ではプレミアムなものからデイリーワインまで、幅広いラインナップをそろえています。

↑このなかの4つがボージョレ・ヌーヴォ。違いを知るために、5年ものも試飲

 

まずは今年のスタンダードから見てみましょう。

↑「アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヌーヴォ2018(スクリューキャップ)」2354円

 

新鮮なラズベリーやストロベリーのように豊かな果実味とアロマで、口あたりはやさしく。ボージョレの王道ともいうべき味わいです。

↑明るいルビー色からも、フレッシュな印象を感じます

 

次はちょっぴり値の張る、プレミアムなアイテムもチェックしてみましょう。特に、昨年もヒットした数量限定のギフトボックス付きエディションは注目です!

↑「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018」6480円

 

 

シュヴァリエさんによれば「ひとつではなく、カシス、桃、プルーンなどのさまざまな果実全体の凝縮感を楽しめる1本に仕上がっている」とのこと。味わってみると、ボージョレらしいブライトなタッチでありながらも、ふくよかな果実味を感じる上品で奥深いテイストです。

↑平均樹齢80年の古木のブドウを厳選。濃厚かつ複雑な、素晴らしい味わいです!

 

プレミアムからもうひとつ注目の品を。創業者の娘さんの名が付いた、今年が初展開となるニューカマーです。

↑「アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ“マリオン”2018」5400円

 

テイストについてシュヴァリエさんは「フランボワーズなど赤いベリー果実の奥に、カシスやプルーンといった黒いベリーの味もある」と語ります。味わってみると、甘やかさとしなやかさがありながら、洗練された余韻で上品なフレーバーが鼻から抜けていく、ワンランク上のボージョレといった印象。

↑こちらは深いルビー色。上品な花の香りは、ラベルデザインのイメージにぴったり

 

プレミアムなワインは価格もそれなりにしますが、ボックス付きで贈り物にも最適。特に“マリオン”は女性にウケそうなパッケージングですね。逆に“オマージュ”の漆黒の箱は、男性向けによさそう。どちらも本数が限られているので、気になる方はお早めに!

ボージョレ・ヌーヴォはフレッシュな新酒なので、解禁直後のいまが一番おいしいとき。みなさんも思いおもいの1本で、今年の“旬”を感じてみてください!

【関連記事】
「午後の紅茶」にチーズ?? と思ったら意外とマッチしたのでレポート
使用するのは「A5ランク黒毛和牛・処女牛のみ」—— 秋葉原「HENRY’S BURGER」のシンプルな美味さ
定番ドーナツ店から「ドーナツ」が消える!? 店名が変わった有名「ファストフード」3社
熟練の注ぎ手が語る、ビールの元祖「ピルスナーウルケル」の底知れぬ魅力
具材の冷凍で時短・簡単! 忙しい人の「一汁一菜」味噌汁レシピ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです