メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾道駅

駅裏の名物猫死ぬ 愛され20年、全国にファン

 広島県尾道市のJR尾道駅北口に居着き、約20年にわたって地域住民や通勤通学客に愛された半野良の三毛猫(雌)が今夏、死んだ。老衰とみられる。人なつこい性格で全国にファンがいる、駅裏の人気者だった。【渕脇直樹】

 ミイ、タマ、ブタコ、アイツ……。三毛はさまざまな名前で呼ばれた。尾道市立土堂小4年の小林しずくさん(10)と大村未来さん(10)は1年のころから「タマちゃん」と呼んで可愛がり、登下校に頭をなでると「ニャー」と応えてくれた。タマの死を知り2人は、いつもひなたぼっこしていた場所にビー玉を供えた。

 三毛は近くの会社員、高橋幸孝さん(54)が2005年ごろから世話を始めた。道端の彼女に一目ぼれして…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1084文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです