メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島高1自殺

「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定

県の設置第三者委が中間報告 県教委判断を覆す

 2014年8月に鹿児島市の鹿児島県立高1年の男子生徒(当時15歳)が自殺した問題で、県が設置した第三者委員会は18日、男子生徒のかばんに納豆巻きを入れたりするいじめがあったとする中間報告をまとめた。昨年3月に県教委の第三者委が「いじめがあったとは認定できない」とした判断を覆した。今後はいじめと自殺との因果関係を調べ、報告書をまとめる。

     中間報告によると、周囲の生徒の多くは調査に「いたずらや遊びの延長だった」と答えたが、県の第三者委は「これらの生徒は男子生徒の心理的苦痛を感じ取れていない」と指摘。かばんに納豆巻きを入れられたり、スリッパを隠されたりした他にもいじめが繰り返されていたと結論づけた。

     委員会後に記者会見した委員長の甲木真哉弁護士(福岡県弁護士会)は「男子生徒が心理的苦痛を感じる行為がそれなりの頻度で発生していた。(自殺との)関連は更に調査を進める」と述べた。

     男子生徒は田中拓海さんで、14年8月、鹿児島市内の自宅で首をつって自殺。県教委の第三者委が昨年3月に「いじめが存在したと認定できない」と結論づけたため、遺族の訴えを受けた県が今年6月、新たな第三者委を設置して再調査していた。【田中韻】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
    2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
    3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は短距離離陸型F35B
    4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
    5. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです