メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

女子100自 池江が52秒79の日本新で優勝

北島康介杯 男子400自は18歳の吉田啓祐は優勝

 競泳の北島康介杯の最終日は18日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル自由形で18歳の池江璃花子(ルネサンス)が52秒79の日本新記録で優勝した。自身が4月の日本選手権で記録した53秒03を0秒24上回った。

 男子400メートル自由形は18歳の吉田啓祐(東京・日大豊山高)が3分48秒51をマークし、日本記録保持者の萩野公介(ブリヂストン)を破って優勝した。男子200メートルバタフライは坂井聖人(セイコー)が1分57秒23で勝った。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです