メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

山口代表に大津緑洋 29回目の花園出場

【大津緑洋-山口】後半27分、4トライ目を決めて喜ぶ大津緑洋の選手=山口市の維新百年記念公園ラグビー・サッカー場で2018年11月18日、平塚裕介撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の山口県予選決勝が18日、山口市の維新百年記念公園ラグビー・サッカー場であり、大津緑洋が29-5で山口を破り、5年ぶり29回目の花園出場を決めた。

 大津緑洋は前半7分、ゴールライン中央付近のラックからプロップ栢(かや)康太選手(3年)が先制トライ。18分にはウイング松井信一朗選手(2年)が「自分が決めてやるしかない」と右サイドを抜け出し、チーム二つ目のトライを決める。フルバック長尾峻之介選手(3年)もペナルティーを含む3本の…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです